折り紙の「車」の簡単な折り方|平面と立体の2種類

折り紙の『車』の折り方について図解していきます。

平面で簡単な作れるものと、立体の見栄えの良い車の2種類です。

どちらも、誰でも作れるように分かりやすく説明しているので、
是非参考にして下さい。

もしわからない部分があれば、遠慮せずにコメントに書き込んでくださいね。

↓クリックするとスクロールします。

スポンサードリンク

車1の折り方

1.対角線に折り目をつけます。

2.上下の角を中央の折り目に合わせるように折ります。

3.上下を合わせるように折ります。

4.上のフチを中央の折り目に合わせるように折ります。

5.図のように折り返します。

6.折った部分を開いて3の状態に戻します。

7.中を開いて4で付けた折り目に合わせて中に折り込みます。


8.また中を開いて5で付けた折り目に合わせて折り込みます。


9.図のように斜め折ります。

10.角を後ろ側に折り返します。

11.折り目をつけたら開きます。

12.中を開いて内側に折り込みます。

13.もう一度折り返します。

14.下の白い部分を内側に折り込んでタイヤの形にします。



15.左の橋の部分を中に折ります。


16.右端も内側に折り込んだら完成です。

裏返しても同じ形です。

車2の作り方

立体的な車は車体のパーツと窓・天井のパーツ、
それぞれ1枚ずつ折り紙を使いますが、窓・天井のパーツは通常の1/4サイズの折り紙を使います。


まずは車体のパーツを作っていきます。

1.縦横半分に折って折り目を付けます。

2.上下のふちを中央の折り目に合わせるように折ります。

3.さらに出来た折り目に上下のふちを合わせるように折ります。

4.裏返して左右のふちを中央に合わせるように折ります。

5.さらに左右のふちを折って折り目をつけます。

6.4つの角を折り目に合わせて斜めに折ります。

7.図のように左右に折り返します。

8.裏返して折り目に合わせて上部を折り返します。

9.右上の部分を図のように広げて潰すように折ります。


10.斜めに折り目を入れます。

11.広げて折り目に合わせて折ります。

12.先端を外側に折ります。


13.他の角も同じように折ります。

14.図のように折り目に合わせて斜めに折ります。

15.点線部に折り目をつけます。

16.図の箇所をのりづけして、折り目に合わせて右側に折ります。

17.図の部分を左に折り返します。

18.右側も同じように折ります。

19.広げて裏返したら車体の完成です。

続いて窓・天井のパーツを作っていきます。

20.縦横に折り目をつけます。

21.上下のふちを中央に合わせるように折って下側のみ開きます。


22.左右のふちを中央の折り目に合わせるように折ります。

23.角を斜めに折ります。

24.開いて潰すように折ります。

25.他の3つの角も同じように折ります。

26.重なっている4ヶ所それぞれのりづけします。

27.左右に開きます。

28.4つの角を内側に折り返したら完成です。


2つのパーツを組み合わせて車を完成させます。

車体の隙間にもう一方のパーツを差し込みます。

天井のパーツの向きが少し分かり難いですが、下の図の上に載っている部分をそのままひっくり返して差し込みます。

あとがき

以上、2種類の車の折り方でした。

平面の車は誰でも簡単に折れるとは思いますが、
立体の方の車は少し手間がかかります。

それでも本格的なものが作れるので、
お子様に喜ばれること間違いなしです。

是非チャレンジしてみてください。

何か分からない所があれば、
コメントしていただけるとお答えします。

また、よろしければ、
コメント欄から写真をアップロードできるので、
綺麗にできたなら写真を載せて頂けると助かります。

スポンサードリンク