【平面・立体】2種類のカーネーション|母の日の折り紙の折り方

2016年4月3日

毎年第二日曜日に祝われる母の日ですが、
母の日と言えば「カーネーション」ですね。

実際の花を買えなかった、
手入れを面倒くさく思われそう、
なんて場合には、折り紙のカーネーションをプレゼントするのがおすすめです。

そこで、簡単なカーネーションの折り方について詳しく説明していきます。

ちょっとした飾りに使えますし、
メッセージカードに添えたりなんかも使えるので、
是非参考にして下さい。

↓クリックでスクロールします。

スポンサードリンク

立体のカーネーション

1.半分に折って三角形にします。

2.さらに半分に折ります。

3.開いて押しつぶします。


4.裏返します。

6.角を右に折り返します。

7.こちらも同様に広げます。

8.端を中心に合わせるように折り目を付けます。

9.中に折り込みます。


10.もう片方も同様に中に折り込みます。

11.裏返して、8~10を繰り返します。

12.点線を折り返します。

13.これを繰り返して全て折り返します。

14.1枚めくります。

15.角を中心に合わせるように折り返します。

16.これをすべての角で同様に折り返します。

17.1枚めくって以下の状態にしてから半分におります。

18.点線部で中に折り込みます。


19.外側に折るようにして広げていき、形を整えると完成です。



平面のカーネーション

使用する折り紙は、
赤3枚(花)と緑3枚(がく・茎・葉っぱ)です。

その内の1枚は、
がくと茎でそれぞれ四分の一のサイズで用います。

7つのパートをそれぞれ作って組み合わせるのですが、
以下の流れで説明していきます。

  1. 花の作成
  2. ガクの作成
  3. 茎の作成
  4. 葉っぱの作成
  5. パーツを組み合わせる

1.花の作成

1.三角形にするように、半分に折ります。

2.以下のように折り目を入れます。

3.ひし形にするように折り返します。

4.裏返します。

5.点線のように折ります。

6.裏返します。

7.広げるように折り返して完成です。

8.これを3つ作ります。

2.ガクの作成

花の1/4のサイズの折り紙を用いて、
花と同じパーツを作ります。

3.茎の作成

図のように一辺を1/4にした長方形を用います。

図のように三つ折にしてのりづけします。

4.葉っぱの作成

1.折り目を付けます。

2.折り目に沿って折ります。

3.もう一度折り目にそって折ります。

4.上部も折り目にそって折って完成です。これを裏返して使います。

5.これをもう一つ作ります。

5.パーツを組み合わせる

作成したパーツを以下のように組み合わせて、
のりづけすることで完成です。

あとがき

以上、立体と平面のカーネーションの折り紙の折り方についてでした。

多少手間がかかりますが、
是非母の日に作ってみてください。

>>折り紙で折る「季節の花」一覧<<

スポンサードリンク