折り紙「あさがお」の2種類の作り方

今回、折り紙であさがおを作る方法を図解で説明していきます。

子どもでも簡単に折れるようなあさがおと、
少し手間がかかるけど柄が入った見栄えの良いあさがお、
2種類の折り方を紹介します。

是非参考にして下さい。

もしわからない部分があれば、遠慮せずにコメントに書き込んでくださいね。

↓クリックするとスクロールします。

スポンサードリンク

あさがお1

花の部分の作成

1.図のように折り目を付けます。

2.折り目に合わせてひし形に折りたたみます。


3.半分に折って折り目をつけます。

4.中心に向けて折り、折り目をつけます。

5.裏側も同様に折ります。

6.上部をハサミで丸く切ります。

7.図のように上に折ります。

8.上を開くと朝顔の花の部分が完成です。

葉っぱの部分の作成

葉っぱの部分に使う折り紙は、
花の1/4のサイズのものを使います。

1.図のように半分に折ります。

2.点線のように折り目をつけます。

3.折り目に合わせて図のように折ります。

4.図のように折ります。

5.さらに以下のように折れば完成です。

これを裏返して使います。

葉っぱの上に花をのせる

葉っぱの上に花をのせると朝顔の完成です。

あさがお2

花の部分の作成

前半部分はあさがお1と同じ手順です。

1.図のように縦横を谷折り、斜めに山折りにして折り目をつけます。

2.折り目に合わせて折りたたんでひし形にします。


3.半分に折って折り目をつけます。

4.表裏ともに、折り目に合わせて左右を折って折り目をつけます。


5.1枚めくって、内側を広げるように折ります。



6.次は逆側にめくって、同じように中を開くように折ります。



7.裏返して同様に折り、真っ白な面を上にします。

8.図のように上部を折ります。

9.2枚めくって、真っ白の面を上にして、同様に上部を折るというのを繰り返します。



10.一旦、これを開きます。

11.色のついた面を表にするように折りたたみます。

12.印をつけているように、角が1枚だけのものと、折り紙が2枚重なっているものがあるのを確認して、1枚だけの部分を中心に向けて折ります。

13.これを残りの角も同様に折ります。

14.図のように、下部を上端に合わせるように真ん中の部分で折ります。

15.これを開いていきます。

16.白い部分があさがおの模様になるように、点線部分に折り目を付けて行くと完成です。




葉っぱの部分の作成

続いて朝顔の葉っぱの部分を作っていきますが、
これはあさがお1と同じ手順です。







葉っぱの上に花を載せる

葉っぱの上に花をのせると、あさがおの完成です。

スポンサードリンク

あとがき

以上、あさがおの2種類の作り方でした。

最初のあさがおは簡単に作れますし、
2番めに紹介したあさがおは、折り紙の白い部分があさがおの柄となり、
とても見栄えの良い出来になります。

是非チャレンジしてみてください。

何か分からない所があれば、
コメントしていただけるとお答えします。

また、よろしければ、
コメント欄から写真をアップロードできるので、
綺麗にできたなら写真を載せて頂けると助かります。

>>折り紙で折る「季節の花」一覧<<

スポンサードリンク

Posted by 管理人:ヒロ


PAGE TOP