折り紙の「柿」の簡単な折り方|平面と立体の2種類

食べ物

折り紙の『柿』の折り方について、
平面と立体の2種類を図解していきます。

どちらも簡単に折れるので、
是非参考にして作ってみてください。

もしわからない部分があれば、遠慮せずにコメントに書き込んでくださいね。

↓クリックするとスクロールします。

スポンサードリンク

柿の折り方1

身の部分に通常サイズの折り紙、ヘタの部分にその1/4サイズの折り紙を使います。

身の部分の折り方

1.縦横に山折り、対角線に谷折りして折り目をつけます。

2.折り目に合わせて折りたたみます。

3.点線部で裏側に折り返します。


4.右側も同様に折ります。

5.角を裏側に折ると身の部分の完成です。

ヘタの部分の折り方

1.対角線に折り目をつけます。

2.角を中心に合わせるように折ります。

3.裏返してもう一度角を中央に合わせるように折ります。

4.向かい合う角を中心に合わせるように折ります。

5.これを裏返したらヘタの部分の完成です。

身にヘタをのりづけしたら柿の完成です。

柿の折り方2

立体の柿も平面と同様、身の部分に通常サイズの折り紙、ヘタの部分にその1/4サイズの折り紙を使います。

身の部分の折り方

1.定規等で長さを測り、縦横に3等分するように折り目をつけます。

2.対角線に折り目をつけます。

3.上のふちを1/3のところで折ります。

4.点線部に折り目をつけて図のように折りたたみます。


5.同じ要領で図のように折ります。






6.上の角を右に折り返します。

7.角をそれぞれ開いたら身の部分の完成です。

ヘタの部分の折り方

1.縦横に半分に折って折り目をつけます。

2.左右上下のふちを折り目に合わせて折ってさらに折り目をつけます。

3.裏返して角を中心に合わせるように折って折り目をつけます。


4.もう一度裏返して折り目に合わせて折りたたみます。


5.図のように折ります。

6.さらに内側を外に折り返したらヘタの部分の完成です。

ヘタと身を組み合わせていきます。

図のように身の角をヘタの中に差し込みます。

ヘタの角を折り目に合わせて折り返します。

他の角も順番に差し込んでいきます。


あとはお好みでヘタの部分の角を爪楊枝などで丸めたりしたら立体の柿の完成です。

あとがき

以上、2種類の柿の折り方でした。

どちらも簡単に見栄えの良いものに仕上がるので、
是非チャレンジしてみてください。

何か分からない所があれば、
コメントしていただけるとお答えします。

また、よろしければ、
コメント欄から写真をアップロードできるので、
綺麗にできたなら写真を載せて頂けると助かります。

ちなみに本サイトでは、
他にも秋に関する折り紙や夏に関する折り紙の折り方など多数説明しているので、
ぜひこちらもご覧ください。

>>「秋」の折り紙一覧<<

スポンサードリンク

食べ物

Posted by 管理人:ヒロ


PAGE TOP