折り紙の「船」の折り方|だまし船と簡単に折れる立体の船の2種類

2016年5月10日

折り紙の『船』の折り方について図解していきます。

だまし船として遊べるものと、立体の見栄えの良い船の2種類です。

どちらも、誰でも作れるように分かりやすく説明しているので、
是非参考にして下さい。

もしわからない部分があれば、遠慮せずにコメントに書き込んでくださいね。

↓クリックするとスクロールします。

スポンサードリンク

船1の折り方

1.斜めに折って対角線に折り目をつけます。

2.横に半分に折って折り目をつけます。

3.左右のふちを中央の折り目に合わせるように折ります。

4.縦に半分に折って折り目をつけます。

5.上下のふちを中央に合わせるように折って折り目をつけます。

6.点線部に折り目をつけます。



7.上のフチを中央に合わせるように折ります。


8.下側も同じように折ります。

9.上側の角を図のように折ります。




10.裏返して斜めに折れば「だまし船」の完成です。



遊び方ですが、相手に船の端を持ってもらい、その状態でさらに目を瞑ってもらいます。その間にもう一方の端を図のように動かすことで、相手の持っていた部分が船の帆になっているというものです。


船2の折り方

1.半分に折って折り目をつけます。

2.上下のふちを中央の折り目に合わせるように折ります。

3.下のふちを上のフチに合わせるように折ります。

4.左右の下の角を上に少し余白を残して折ります。

5.残した余白の半分くらいの位置で下に折ります。

6.さらにもう一度折ります。

7.裏返して同じように折ります。


8.中に指を入れて広げたら完成です。

あとがき

以上、2種類の船の折り方でした。

平面の船は「だまし船」として遊ぶことが出来ますし、
立体の船も簡単に見栄え良く折れるので、お子様に喜ばれること間違いなしです。

是非チャレンジしてみてください。

何か分からない所があれば、
コメントしていただけるとお答えします。

また、よろしければ、
コメント欄から写真をアップロードできるので、
綺麗にできたなら写真を載せて頂けると助かります。

スポンサードリンク