折り紙で手裏剣を簡単に作る方法|2種類の折り方を分かりやすく解説

2016年4月3日

折り紙で子どもでも手軽に作れて、
なおかつ、かっこいいものといえば手裏剣です。

一見難しそうですが、
やってみると意外と簡単にかっこいい手裏剣は作れるものです。

今回は2種類の手裏剣の作り方について、
誰でも作れるように詳しく説明していきます。

↓クリックするとスクロールします。

スポンサードリンク

手裏剣1

使うのは異なる色の折り紙1枚ずつです。

1.縦横に折り目を付けます。

2.上下を中央の折り筋まで折ります。

3.中央で折ります。

4.もう一枚の折り紙も同じように折ります。

5.以下の点線のように折ります。二つは異なる折り方なので気をつけて下さい。

6.下図の点線のように、中央の折り目にそって折ります。

7.一つを裏返します。

8.下図のように裏返した方の上にもう一方を重ねます。

9.下の方の折り紙の端を上の折り紙の隙間に差し込みます。

10.裏返します。

11.先ほどと同様に下の折り紙を上の折り紙の隙間に差し込むと完成です。

手裏剣2

色のことなる折り紙を2枚ずつ使います。

1.半分に折って折り目を入れます。

2.上下を折り目に沿って折り返します。

3.さらに中央の折り目に向かって折り込みます。

4.下図のように、下の角は普通に折り返し、上の角は中に折り込みます。

5.半分に折ります。

6.横に半分におります。

7.折っていない方の角を折って、もう一方の角の中に入れます。

8.他の3枚も同様にして、これを全部で4つ作ります。

9.下図のように、一方の色の角をそれぞれもう一方の中に差し込みます。

10.差し込まれた色も、差し込んだ方の隙間に角を差し込んだら完成です。

あとがき

以上、2種類の手裏剣の作り方でした。

いかがでしたか?
意外と簡単にかっこいい手裏剣が作れたのではないでしょうか?

色の組み合わせによりだいぶ印象が変わってくるので、
色んな色をためしてみるのも面白いですね。

スポンサードリンク