折り紙の「猫」の折り方|簡単な平面と立体的なリアルな猫の2種類

2017年1月1日

折り紙の『猫』の折り方について2種類のものを図解していきます。

一方は誰でも簡単に作れる平面の猫で、
もう一方は少し難しいですが本格的な立体の猫です。

どちらもとても可愛く仕上がるので、
是非参考にして作ってみてください。

もしわからない部分があれば、遠慮せずにコメントに書き込んでくださいね。

↓クリックするとスクロールします。

スポンサードリンク

ねこの折り方1

1.半分に折って対角線に折り目をつけます。

2.もう一方の対角線でも半分に折ります。

3.上の角を図の辺りの位置で下に折ります。

4.赤丸が重なるように折ります。

5.裏返して、目や口をマジックなどで書いたら猫の完成です。

ねこの折り方2

1.対角線に折り目をつけます。

2.左右の辺を中央の折り目に合わせるように折ります。

3.下の角を上の角に合わせるように折ります。

4.図のように左右の辺を内側の折り返した折り紙に合わせるように折ります。

5.「3.」で上に折った角を下に戻して上の角を図のように折ります。

6.図のように折って点線部に折り目をつけます。


7.左側も同じように折ります。


8.折り目に合わせて折りたたみます。

9.白い部分がちょうど重なるように内側に折って折り目をつけます。


10.点線部で上に折って左右を内側に折ります。



11.右側の部分を左にめくります。


12.図のように折って折り目をつけます。

13.元に戻して左側も同じように折ります。




14.図のように折っていきます。




15.右側も同様に折ります。


16.内側に折り込まれている角を引き出して図のように折ります。



17.左側も同様に折ります。

18.左右のふちを中央の折り目に合わせるように折ります。

19.左右を後ろ側に折り合わせます。

20.図のように折って折り目をつけます。

21.左右を開いて折り目に合わせて中に折ります。


22.図のように上に折り返します。

23.点線部で右に折り目をつけます。

24.反対側も同様です。

25.点線部で折って顔の角度を前に向くように調整したら猫の完成です。


あとがき

以上、2種類の猫の折り方でした。

平面の猫はわずか1分ほどで折れて誰でも簡単に折れますし、
立体の猫は少し難しいですが、本格的でリアルな猫に仕上がります。

どちらも是非チャレンジしてみてください。

何か分からない所があれば、
コメントしていただけるとお答えします。

また、よろしければ、
コメント欄から写真をアップロードできるので、
綺麗にできたなら写真を載せて頂けると助かります。

ちなみに、本ブログには他にも動物の折り方について解説しているので、
是非ご覧ください。

>>「動物・虫」の折り紙一覧<<

スポンサードリンク