【簡単・かっこいい】2種類の兜|こどもの日の折り紙の折り方

2016年4月3日

こどもの日(端午の節句)の風物詩といえば、兜です。

この兜ですが、折り紙で作るのには少し難しそうに思いますが、
実はこどもでも時間もかからず簡単に作れるものなんです。

今回は、慣れればこどもでも1分ほどで簡単に作れる兜と、
少し複雑になるけど、よりかっこいい兜。

この2つの折り紙の折り方をご紹介します。

前者の場合、新聞紙などの大きい紙で作れば頭に被ることもできるので、
是非、親子で作ってコミュニケーションを図ってみてはどうでしょうか。

↓クリックでスクロールします

スポンサードリンク

簡単な兜の折り方

1.三角形になるように半分に折ります。

2.さらに半分に折って折り目をつけます。

3.左右の角を上の角に合わせるように折ってひし形にします。

4.図のように折り返して、折り紙の上下をひっくり返します。

5.図のように、先の方を矢印の方に折り返します。

6.下を少し余裕を残して折り返します。

7.余った部分も折り返します。

8.下の余った部分は中に入れてしまえば完成です。


かっこいい兜の折り方

 

1.下図のような折り目を入れます。

2.さらに裏返して図のように折り目を付けます。

3.端から折り目まで1/3の所を折り返します。

4.上も同じ幅折り返します。

5.三角形になるように折り返します。

6.図の丸の箇所を引っ張て図のようにします。これを左右ともに行います。


7.表裏をひっくり返します。

8.最初に折り目を付けた上下半分の所を折り返します。

10.斜めに折ります。

11.図のように左右折ります。

12.表裏をひっくり返します。

13.斜めに折り返します。

14.角を引っ張りながら、図のように折り目を入れます。

15.これを右側も同様にします。

16.下から上へ折り返します。

17.表裏ひっくり返します。

18.こちらも下から上へ折り返します。

19.点線部を内側へ折り込みます。

20.左右を真ん中まで折ります。

21.折り目を外側に開くと完成です。

あとがき

以上、折り紙で簡単な兜とかっこいい兜を折る方法でした。

いかがでしたか?

思った以上に簡単だったのではないでしょうか。

わからない点などがあれば、
気軽にコメントしてください。

また、こどもの日の風物詩といえば、兜の他にも鯉のぼりが挙げられます。

そこで、鯉のぼりについても折り方を解説しているので、
是非ご覧ください。

スポンサードリンク