折り紙の「ステゴサウルス」の簡単な折り方

折り紙の『ステゴサウルス』の折り方を解説していきます。

恐竜の中でも特徴的な背板のためメジャーな一種ですね。ステゴサウルスは「Stego=屋根に覆われた」という言葉が由来です。

今回はステゴサウルスたる所以の背板をしっかり折り紙で表現していきます。

少し時間はかかりますが手順自体は簡単でこどもでも折れると思うので、ぜひチャレンジしてみてください。

ステゴサウルスの折り方

前置き

今回使う折り紙は2枚です。

それぞれで背板と体を折ってくっつけます。

1.背板の折り方

まず背板の折り方を見ていきましょう。

1.対角線に折り目をつけます。

2.それぞれの角を中央に合わせるように折ります。

3.対角線に折り目をつけます。

4.折り目に合わせて折りたたみます。


5.角を下のフチに合わせるように折ります。

6.内側を開くようにして折ります。



7.角度を変え、斜めに折って角が交互に見えるように折り、これをのり付けしたら背板の完成です。

2.体の折り方

続いてステゴサウルスの体を折っていきましょう。

1.半分に折って折り目をつけます。

2.左右のフチを中央に合わせるように折ります。

3.それぞれの角を真ん中の線に合わせるように折って折り目をつけます。

4.折り目に合わせて開くようにして折ります。



5.それぞれのフチを折り目に合わせるように折ります。


6.角の位置で図のように折り目をつけます。

7.上下の角とつけた折り目のところを結ぶ線で反対側に折ります。

裏返すと、この様になっています。

8.上の角を下に合わせるように折ります。

9.折り目と上のフチを合わせるように折ります。

10.反対側に半分に折ります。

11.図のように斜めにずらすようにして折ります。


12.角を内側に折り込むようにします。



13.また同じように折り返します。



14.角を内側に折り込みます。


15.それぞれの足を内側に折ったらステゴサウルスの体の完成です。

あとは背板を体の中に差し込んでのり付けしたらステゴサウルスの完成です。


あとがき

以上、ステゴサウルスの折り紙の折り方についてでした。

少し時間はかかるとは思いますが意外と簡単に折れるので、是非チャレンジしてみてください。

よろしければ、コメント欄から写真をアップロードできるので、綺麗にできたなら写真を載せて頂けると助かります。

ちなみ、このサイトでは他の恐竜や色んな生き物の折り紙の折り方について色々解説しているので、是非こちらもご覧ください。

>>「生き物」の折り紙一覧<<

スポンサードリンク