折り紙の立体的な「セイスモサウルス」のかっこいい折り方

折り紙の『セイスモサウルス』の折り方を紹介します。

セイスモサウルスという名前は「地震トカゲ」という意味で、その巨体が歩いただけで地震がしそうなほどの迫力があったことが由来です。

細かい工程もありますが恐竜の中では比較的かんたんに折れるので、ぜひ作ってみてください。

セイスモサウルスの折り方

1.対角線に折り目をつけます。

2.フチを折り目に合わせて折ります。

3.右側のフチも折り目に合わせて折ります。

4.角を内側から出して図のように折ります。


5.フチを中央に合わせるように折ります。

6.フチを角に合わせ、図の線のところで折り目をつけます。


7.角を上に折ります。

7.角を下にめくります。


8.実線の部分を合わせて図のように折ります。


9.角を右に折ります。

10.左側も同様に折ります。

11.半分に折ります。

12.フチを合わせるように折ります。

13.角を図のように折ります。

14.左側も図のように折ります。

15.左側に折り返します。

16.反対側も同様に折ります。

17.首の部分を内側に折り込むようにします。

18.先端を内側に折ればセイスモサウルスの完成です。


あとがき

以上、セイスモサウルスの折り方についてでした。

少し細かい部分もありますが、かっこいいものが出来上がるかと思います。

ちなみ、このサイトでは他の恐竜や色んな生き物の折り紙の折り方について色々解説しているので、是非こちらもご覧ください。

>>「生き物」の折り紙一覧<<

スポンサードリンク